BMW840納車/ コペン リヤウイング 取付加工/ベスパ BPコーポレーション|入間市

 

有限会社
BPコーポレーション

 

埼玉県入間市宮寺3068-4

TEL:04-2934-7484

営業時間 10時〜19時

定休日 日・祝祭日

info@bpc.co.jp

 

お問い合せフォーム>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報〜BPコーポレーションからの納車情報&トピックス

 

BMW840納車/ コペン リヤウイング 取付加工/ベスパの紹介

 

[2010.6.19 ]




 

 
840ci M インディビジュアル納車
ロングノーズがたまらなくカッコイイ
 

840ci M インディビジュアル納車になりました。

V8 4.4リッター 286馬力。850にはV12が存在するけど形は同じですね。


いやーなんといっても、このシリーズはカッコが非常に良いです。

どこの角度から眺めても絵になる不思議なボディですな。

そして、そのボディは大きく長いですね。

乗っていても重量感と安定性は抜群で高速クルージングにはまさにもってこいの車です。




福岡県のO様 大変長らくお待たせしました。ご購入ありがとうございました!!!
















 
ダイハツ コペンのウイングの取り付け
足の台座とトランクの隙間に注目
 

この前作業したダイハツ コペンのウイングの取り付けなど、紹介したいと思います。



ウイングといっても社外のリヤ羽でGTウイングと呼ばれてるモノですね。


こういったウイングは、平なトランクに装着される場合がほとんどで、丸みを帯びたコペンのようなトランクに取付ける場合は、

『ポン付けで、穴だけ開ければ付くよ!』

とはいかなかったりする。


もちろん無理やり付ければ別なんだけど…

ムギューと強引に締めればどうなっちゃうのかは想像できるよね。


けど付けたいモノは付けたいって事で台座の加工を依頼されてみました。



作業的にはトランクとウイングの足の隙間を埋めつつ見栄えよく加工する感じですね。

















 
ダイハツ コペンのウイングの取り付け
丸ーいコペンのおしり廻り
 

問題はその隙間を埋める素材ですが…


予算の関係もありますので比較的簡単に形が作れるFRPを利用する事にしました。

ちなみに鉄でもアルミでも作れますが時間は結構かかるかもしれません。


オーナーさんからの直接の依頼ではない作業ですが非常にコペンを愛しているのが伝わってきましたので頑張ってやってみたいと思います。

















 
ダイハツ コペンのウイングの取り付け
べっこうあめじゃないよ
 

で、出来たのがこれ。

なんだ!たいしたのじゃないじゃん。

と思うかもしれませんが…

トランクとウイングの足の隙間で型をとっているのだ。

つまり、外側に行くにつれて厚みが出てる訳ですね。

そして尚且つ微妙に丸くなっているので現物合わせじゃないとこの形を再現するのは大変かもしれないです。

















 
ダイハツ コペンのウイングの取り付け
  バリを取ってサフェーサーを入れると形がわかります。

















 

 

合わせてみる。

ちなみにコペンのトランクはアルミで出来ている為、非常に柔らかくラインに少しでも合わなければ大きく歪んでしまいます。

トランク裏側の固定方法も少し工夫が必要ですね。


  ダイハツ コペンのウイングの取り付け

 

台座裏側の様子。

内側の薄い部分でもシートは2枚重ねてあるので強度は問題ないと思います。


  ダイハツ コペンのウイングの取り付け

 

念のため裏の補強プレートの隙間にアルミの
丸棒を入れて極力トランクが歪まないようにしておく。


















 

完成はこんな感じ。

以外にマッチしていてかっこいいですね。この位の大きさのウイングはしゃれてて良いと思います。

たまに、もの凄い幅のあるウイングを付けている車がいたりするけど、車検は通らないし第一危険なのでやめましょう。



 

ダイハツ コペンのウイングの取り付け

紹介してないだけで、細かーい加工とか結構やってますんでアフターパーツの取り付けでお困りの方お気軽にご相談ください。

 















  赤いベスパ

ウチに来た事がある方はご存知だと思いますが…

赤いベスパが一台飾ってありますね。

実はコレ売り物なんです。

ただのディスプレイではく、しっかりと動きます。


  赤いベスパ


しかも排気量が102ccにボアアップしてたりして
パワーもノーマルに比べますと全然違いますね。

改造もセンス良くされていまして、前後のサスペンションがスポーツタイプに交換されています。

そして、さりげなくクラッチレバーとブレーキレバーが交換され…

サイドスタンドが装着されていますね。

  赤いベスパ

このベスパのチャンバー(車で言うマフラー)はよく段差などで引っかかるらしくショートタイプに交換されています。

  赤いベスパ




距離も少なく、3265キロ!!
 

赤いベスパ

べスパヴィンテージ、

べスパ50Sカスタム(50S Vintage)

 

赤いベスパ


外装はBPコーポレーションのオリジナルオールペン仕様&ホワイト&グリーンの3色が所々にペイントされています。

  赤いベスパ

おっと言い忘れましたがベスパは最近のスクーター達と性能を比べたりしてはいけません。


ベスパの味をわかってくれないと乗るのは難しいかもしれないですね。


メンテナンスを楽しみながら足代わりに使う…少し手が掛かるが乗っていて楽しいバイクなのだ。


だからと言って運転するのが面倒な訳でもなく、簡単なメンテを覚えれば全く問題はない。


イタリアで多くの女性達に愛されているのは乗り易い証拠ですね。



  赤いベスパ



スペアタイヤカバーとシートも交換済み。
しゃれてるでしょ?
例え乗らなくともお飾りでもいいと思うのは オイラだけだろうか?

  赤いベスパ

このベスパに興味がある方はお気軽にメールくださいな。

お買い上げの方におまけでベスパの本を2冊お付けします。