レストア 錆 修理

BNR32 GTR スカイライン 錆 レストア 

レストア 錆 修理
レストア 錆 修理

 

有限会社
BPコーポレーション

 

埼玉県入間市宮寺3068-4

TEL:04-2934-7484

営業時間 10時〜19時

定休日 日・祝祭日

info@bpc.co.jp

 

お問い合せフォーム>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報〜BPコーポレーションからの納車情報&トピックス

 

ハコスカ 錆修理 レストア C  

 

[2018. 1.17 ]




 

 
ハコスカ レストア 錆修理
 
今回の作業紹介はこちら!

現在フルレストア中のハコスカです。










 
 
ハコスカ レストア 錆修理
 
 
前回の作業紹介では奇跡的にオーナーさんが在庫で保管されていたバックパネル(新品)を溶接する一歩手前でしたので今回はその続きからですね。

















 
 
ハコスカ レストア 錆修理
 




 
ハコスカ レストア 錆修理
   
バックパネルの溶接はなるべくオリジナルに近い状態にしたいというオーナーの希望に合わせて元々の位置と間隔で溶接を行います。

が、それは見栄えの問題ですので実際は現代の車両以上に多くスポット増しを行いボディの剛性UPを目指します。








 
ハコスカ レストア 錆修理
     
ハコスカ レストア 錆修理
   
フロア側から見るとこんな感じ。手前側、バックパネルと今回新たに製作したフロアのリブとラインがピッタリなのがわかると思います。
















 
ハコスカ レストア 錆修理
                                
   
トランクは過去に鈑金がしてあるものを再度修正を行い取り付けたのですが1つ形がわからない箇所が…

この矢印の所って今調べてるんだけど外側は微妙な逆Rになっているんですよ。

それが中央に行くに連れて平らになるのか、それとも逆Rのままなのか?

ちょうど中央部分に大き目の過去鈑金歴があって平らになってるんですよね。

誰か知っている方がいれば教えてください。
















 
ハコスカ レストア 錆修理
   






 
ハコスカ レストア 錆修理
   
写真は何と!これもまたサイドシルアウタ新品左右ですよ。それと程度の良いリヤドアをオーナーさんが運んでくださいました。

いやーバックパネルに引き続き新品の登場です。すごいですね。。















 
ハコスカ レストア 錆修理
   
そしてオーナーさんの細かい打ち合わせ。

オーナー 『田口さんここの形はこの写真を参考に作ってください。ここはハコスカの中でも命の部分ですからね!』

僕 『へい!ご希望の通りに』

という話がされているかは内緒ですが二人で非常に細かい打ち合わせをしながら進めております。


オーナーはかなりハコスカについて熟知している方ですので、車両の弱点を改善する製作内容を頼まれていたりします。特に水抜け対策(錆防止)については見えない箇所に細工をしたりして非常に為になる作業なんですよ。















 
ハコスカ レストア 錆修理
   
持ち込まれたドアは程度が良いといっても、それなりの年代モノですので修正が必要です。

当時は軟らかいシーリングもご覧の通りカピカピです(笑














 
ハコスカ レストア 錆修理
   


 
ハコスカ レストア 錆修理
   


 
ハコスカ レストア 錆修理
     
ハコスカ レストア 錆修理
 
ドアパネル裏側の旧塗装は全て剥離し、いらない穴を溶接で塞ぎ、下地を作っていきます。

表面の修正はボディに装着してからですので、まずはこの裏側からですね。
















 
  ハコスカ レストア 錆修理
   
続いてリヤフェンダー右側の修正の様子。写真を見ると旧塗装は浮き上がり相当深そうな錆が顔を覗かしていますね。

このような錆はパネル裏側まで進行している事が多く部分的に作る必要があります。















 
ハコスカ レストア 錆修理
   
塗料を除去するとこんな感じの状態








 
ハコスカ レストア 錆修理
   




 
ハコスカ レストア 錆修理
   




 
ハコスカ レストア 錆修理
   
ここはリヤフェンダーインナーとアウター、それとリヤフェンダーの前側のパネル3枚で構成されています。

とりあえずダメな部分はすべてカット。


























 
ハコスカ レストア 錆修理
 




 
ハコスカ レストア 錆修理
  まずインナーの錆を除去したらリヤフェンダー前側のパネルを製作。

小さなパネルですがラインとか角度がありますので意外に時間が掛かります。

 














 
ハコスカ レストア 錆修理
     
ハコスカ レストア 錆修理
   
アウタパネルは切り張りをして仕上げたものを製作したパネルに装着し溶接していきます。















 
ハコスカ レストア 錆修理
   
ハコスカ レストア 錆修理
 
溶接終了!

どうですか?レストア作業って楽しそうじゃないですか?














 
ハコスカ レストア 錆修理
   





 
ハコスカ レストア 錆修理
   
これで右リヤフェンダーはかなり完成に近いのですがサイドシル右側とリヤフェンダー下側が結構酷い状態でして次回はその部分の修理紹介をしようかなと思っております。

興味のある方はどうぞお楽しみに!















 
     
   
そしてハコスカも作業を進めつつBNR32 GTRのサイドシル補強も予約を組ませて頂いて作業を進めております。

写真の車両は車内もアンダーコートを?がしてニューペイントしたりウワサのハマタイト(ガラスボンド)を用いたガラス取付をしたりするのでこの車両もHPで紹介しようと思ってます。

現在ジャッキUPポイントの修理と同時に組込出来る補強プレートと軽量フロントレインフォースメントの販売を地道にさせて頂いておりますが、今回の作業でオリジナルパーツの3番目が生まれるかもしれません!

これもかなり剛性UPに繋がるパーツだと思いますので興味のある方はマメに僕のツイッターHPをチェックしてくださいね。














 




←